北九州チャンピオンズカップ
トップ  >  出場チーム紹介
2018年北九州チャンピオンズカップ出場チームの紹介です。

出場チーム紹介
・出場チーム選手紹介(カナダ・オランダ)*PDFファイル
・出場チーム選手紹介(タイ・日本)*PDFファイル

■参加チームからのメッセージ
 カナダ(Canada)

 我々カナダチームは、国際大会での経験のため、そして世界を代表する若手選手と対戦するために、今年も北九州チャンピオンズカップに参戦します。
 ダレル・ノーデル ヘッドコーチ率いるこのチームは、初めて海外で戦う選手だけでなく、経験豊富な選手で構成されています。
 我々は、トロントにある「車いすバスケットボール・カナダナショナルトレーニングセンター」でトレーニングを積み、チームの団結を図り、発展のステージへと前進することを心待ちにしています。
 2020東京パラリンピック主催国である日本と他国の代表チームとの有意義な対戦をこの北九州チャンピオンズカップで行えることを楽しみにしています。





 オランダ(The Netherlands)

 我々オランダチームは平均年齢20.3歳の若いルーキーたちで構成されたチームで、2年連続北九州チャンピオンズカップに参戦します。
 若いからと過小評価しないでください。パラリンピックや2017年・18年のヨーロッパでの大会や今年8月ドイツで行われた世界選手権出場経験もあるメンバーも含まれています。
 ヨーロッパ第4位のオランダは、8月の世界選手権で日本とは大変エキサイティングなゲームを行いましたが敗れ、世界10位となりました。
 私たちは“オレンジライオンズ”と呼ばれ、正確なシュート・素早いボールさばき・コンビネーションを駆使しながら攻守攻防を展開していくことを持ち味とし、プロ意識と情熱を持ちコート内外でスポーツの喜びを表現していきます。
 このチームの半数の選手が、パペンダルにあるオランダオリンピックセンターのトレーニング宿泊施設にて共同生活を送り、トレーニングをし、共に学んでいます。



 タイ(Thailand)

 タイ車いすバスケットボール協会は、障害者スポーツ全般からタイ国内外での車いすバスケットボールチームのサポートや促進に力を入れている、長く歴史のある団体です。
そしてこれまでの努力により、2017年ASEANパラゲームで金メダル獲得し、私たちがASEANでのトップチームであること示すことができました。

 タイ車いすバスケットボールチームはU-23のチームを含む男女のチームで成り立っており、彼らをアジアのトップ4へと育てたいと考えています。

 タイでも、国をあげて障害者スポーツを支援しており、6クラブによるタイ車いすバスケットボールリーグもスタートしました。また最近では大分県別府市の「太陽の家」に出向き、トレーニングの他、就業支援などの研修も行いました。

 2020東京パラリンピックへ向けての動きは、来年2019年にアジアオセアニアゾーンの予選大会がタイのパタヤで開催されるため、ホスト国としての準備を進めているところです。




 日本(Japan)

 北九州チャンピオンズカップに出場できることをチームスタッフ、選手一同、大変喜んでおります。
 今年の日本チームは、U23として出場させていただくことになりました。
 昨年のカナダでの世界選手権ベスト4のメンバーを中心に「スピードとクイックネス」を活かしたトランジションバスケで、世界の強豪を相手に真っ向勝負を挑みます。
 若くてエネルギッシュな選手たちのプレーに期待してください。
 また、今年で15回目となる記念すべき今大会、チーム一丸となって「優勝」を目指します!