北九州チャンピオンズカップ
トップ  >  出場チーム紹介
2017年北九州チャンピオンズカップ出場チームの紹介です。

出場チーム紹介

 カナダ(Canada)


The Canadian Men’s National Team enters the 2017 Kitakyushu Champions Cup fresh off a second place finish at the Americas Cup qualifier in August and is looking to build on that momentum while gaining valuable experience on the road to the 2018 World Championship in Germany and the Tokyo 2020 Paralympic Games.

Led by head coach Matteo Feriani, Team Canada features a solid core of veteran leaders with big game experience including several Paralympic champions. That core is complemented by an injection of talented youth who are knocking at the door at the senior international level and who represent the bright future of the Canadian men’s wheelchair basketball program. In addition to multiple returnees from Canada’s entry at the most recent Paralympics in Rio, the Canadian side also has several up-and-coming players who represented Canada on home soil at the 2017 Men’s U23 World Championship in Toronto this past June.

The Canadian men have spent the bulk of the summer training and building chemistry while centralized at the Wheelchair Basketball Canada National Training Centre in Toronto and are looking forward to kicking off the next phase of training and development. Canada welcomes the opportunity to play meaningful games against quality international opponents at the Kitakyushu Champions Cup, including host nation Japan in the home country of the Tokyo 2020 Paralympic Games.

 今年8月に行われたアメリカズカップ予選で2位入賞を果たしたカナダ代表チームは、今年北九州チャンピオンズカップへ参戦し、その貴重な経験をはずみとして2018年ドイツで行われる世界選手権、そして2020年東京パラリンピックへと進みます。

 マテオ・フェリーニ率いるこのチームは、パラリンピックを含む大きな大会での経験があるベテランたちがしっかりと中心となり、シニア国際レベルへ達そうとしている才能ある若手選手の投入によりチームは補強され、カナダ男子車いすバスケットボールの明るい未来を象徴しています。また、複数のリオパラリンピックカナダ代表選手、今年6月に自国トロントで行われたU23世界選手権に出場した将来有望な選手も参戦します。

 今年の夏、私たちはカナダナショナルトレーニングセンターでトレーニングを積み、そしてチームの団結を誓い、さらなる発展へのステージへと進むことを待ち望んでいます。
本大会にて、2020年東京パラリンピック開催国である日本チーム、そして各国代表チームとの対戦を楽しみにしています。



 大韓民国(Republic of Korea)


This year, Jeju Province Wheelchair Basketball Team participate in Kitakyushu Champions’ Cup as a representative of Republic of Korea.
The team was found in 1999 and the purpose of the team is to pursuit a harmony and self-developing by playing wheelchair basketball with passion, strong will as well as challenge spirit.
We has won numerous national competitions supported by president Boo Hyeong-jong and athlete’s great effort. They won all the competitions in 2014, 4 times in 2015 and won national para games 5 years in a row.
With the team records, we truly became the best team of wheelchair basketball.
Furthermore, we produced many national team members.
Currently, we have 3 members of national wheelchair basketball team.
We have a clear way to promote the high level of Korea’s para sports by developing its performance.

 今年は、チェジュ車椅子バスケットボールチーム(1999年設立)が韓国代表として北九州チャンピオンズカップに参戦します。
 チームは、情熱と強い意志、そしてチェレンジ精神を持ちプレーすることで自己成長とチームの団結強化を目標としており、会長のブ・ヒョンジョン氏のサポートのもと、選手たちの日々の鍛錬により多くの大会で勝利を収めてきました。
 2014年には全試合に勝利し、2015年は4度の勝利、そして5年連続国内パラゲームでも勝利を収めた国内最高の車椅子バスケットボールチームです。
 私たちはこれまで多くの代表選手を輩出しており、現在も3名の代表選手が在籍しています。今大会で自身のパフォーマンスを高めることで、韓国パラスポーツのレベルを上げていきたいと考えています。



 オランダ(the Netherlands)


The Netherlands has a group of young and quick players. A mix of great agility and shooting precision remarks the team, nicknamed the Orange Lions. The team will always show you the joy of sports, on the court and outside the court combined with professionalism and passion. The sports, on the court and outside the court combined with professionalism and passion. The Netherlands love to switch their offensive and defensive plays with high pressure and quick dribbling skills, trying to give the ultimate assist for their teammates and celebrate every score.

The last 3 years were successful for this young generation of players, from who 40% of the athletes are living, training and studying on one training accommodation: Papendal, the Olympic Center of the Netherlands. After a disappointing 15th place at the World Championships in 2014, they battled their way to the 4th palace in the European Championships of 2015.This meant the first qualification for the Paralympic Games since 2004. The Paralympic year of 2016, they came home from Rio with a great 7th place. They showed everyone they belong to the top 10 best teams in the world. And that is exactly what they confirmed this year with a consecutive 4th place at the European Championships in Spain, led by a new head coach :Cees van Rootselaar, a former able bodied basketball professional who got hooked to wheelchair basketball this year after his visit at the Osaka Cup(as interim asst. coach women). His dynamic group of players is still developing every day to get better. Next event : World Championships 2018.
The motto of the Orange Lions: “To battle is our nature”

 オランダチームは、若さとスピードのあるチームです。
 私たちは“オレンジライオンズ”と呼ばれ、正確なシュート・素早いボールさばき・コンビネーションを駆使しながら攻守攻防を展開していくことを持ち味とし、プロ意識と情熱を持って、コート内外でスポーツの喜びを表現していきます。
 オランダチームは、2014年の世界選手権で15位という残念な結果となりました。
 その後、若手選手の約40パーセントがオランダオリンピックセンターで共同生活を行いながらトレーニングを重ね、翌2015年ヨーロッパ選手権で4位、そして2016年リオパラリンピック出場と、3年前から現在へのチーム作りの成功に繋がっています。
 また2016年リオパラリンピックでは7位入賞を収め、世界のベスト10であることを証明でき、今年2017年ヨーロッパ選手権でも2大会連続4位という結果を出すことができました。
 過去に大阪で行われた大会でアシスタントコーチとして参加して以来、車椅子バスケに魅了された元プロバスケットボール選手、ケース・ヴァン・ルートセラー ヘッドコーチが率いるこのチームは日々成長し続け、北九州チャンピオンズカップの後、2018年は世界選手権が待っています。
 オレンジライオンズのモットー“To battle is our nature”(戦いこそが、我々である)


 日本(Japan)


We are deeply grateful for staging Kitakyushu Challenge Cup again this year.
For the Japan national team, this competition with a history is one of the precious international competitions to be held in Japan.
Currently, the team focuses on physical training, aiming for a faster and more powerful performance. We would like to bring out our best of what we have prepared for and compete as one to show our improvements to as many spectators as possible.
We hope you come to the venue and feel the speed and breathtaking performance that you can only see in wheelchair basketball. We would appreciate your rousing cheer for the Japanese team.

 本年も「北九州チャレンジカップ」を開催してくださることに心より感謝申し上げます。歴史ある本大会は、日本代表にとって国内で行われる貴重な国際大会のひとつでもあります。
 現在、日本チームはフィジカルトレーニングに力を入れ、よりスピーディーに、より力強いプレイを目指しております。その成果を少しでも多くの観客の皆様にご覧いただき、進化している姿をお見せできるようチーム一丸となって戦っていきます。
 会場にお越しいただき、車いすバスケットボールならではのスピード、気迫溢れるパフォーマンスを体感していただければと思います。ぜひ、日本チームに熱い声援をよろしくお願いいたします。